PayPayの最新キャンペーン情報はこちら♪

スターバックスの支払い方法|ペイペイ・d払い・楽天ペイの使い方(メルペイ・クレジットカード等)|電子マネーやクーポン・商品券・ギフトカードは使えるの?

電子マネー 利用できません
交通系電子マネー Suica、PASMO、Kitaka、manaca、TOICA、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA
相性の良い電子マネー 特にありません
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners
ブランドプリペイド 利用できません
NFC決済(タッチ決済) 利用できません
QRコード決済 PayPay、LINEPay
デビットカード 使える(クレジット会社が発行しているデビットカード)
商品券・ギフトカード スターバックスカード、クレカ系ギフトカード(店舗によって異なる)
ポイントカード スターバックスリワード

スターバックスは世界90ヶ国に展開しているコーヒーチェーン店です。

スターバックスは世界に約32,000店舗、日本だけでも1,600店舗以上あり、ショッピングモールや駅、大学などにも入っているためよく目にすることが多いのではないでしょうか。

注文したビバレッジにお好みでトッピングができるカスタマイズや季節のフラペチーノは人気メニューですが、サンドイッチやデザートなどのフードメニューもとても充実しています。

誰もが知る世界的なコーヒーチェーンとなったスターバックスコーヒーは毎日立ち寄る人がいるほどの人気ぶりで、幅広い世代から絶大な支持を得ています。

店内は落ち着いた空間が広がり、テーブルだけでなくソファシートやオープンテラスなどおしゃれな席が設けられているためデートにも使えます。

またテーブルにはコンセントが設置されていたり無料のWi-Fiが利用できたりするため、仕事場として利用する人も少なくありません。

お店の雰囲気やドリンク&フードの美味しさはもちろんのこと、店員さんの優しくてあたたかい対応もスターバックスの魅力のひとつです。

ここではスターバックスで使えるペイペイ・d払い・楽天ペイ・メルペイ・クレジットカードなどの支払い方法について調べました。

”今がチャンス!”

様々なキャンペーンが打ち出されるスマホを利用したQRコード決済アプリ。私が実際に1年間利用した結果、10万円以上のキャッシュバックになったスマホQRコード決済は何だったのか?を暴露します。 あなたが「やっぱりキャンペーンが多いPa[…]

【2020年10月最新】最強のスマホQRコード決済アプリは楽天Payに決定!使える店はコンビニや飲食店等の500万店舗以上で使い方も簡単!【キャンペーン一覧】

スターバックスの支払い方法①QRコード決済の使い方|ペイペイ・d払い(dポイント支払い)・楽天ペイ・ラインペイ・auペイ・メルペイ

はじめにスターバックスで使えるQRコード決済の導入状況についてご紹介します。

スターバックスではPayPay、LINEPayで支払いができます。

スターバックス|ペイペイ(paypay)の使い方

スターバックスではペイペイ(paypay)での支払いに対応しています。

ペイペイ(paypay)の使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員にバーコードを提示して支払うことができます。

スターバックス|d払い(dポイント支払い)の使い方

スターバックスではd払い(dポイント払い)での支払いに対応していません。

今後の導入を期待しましょう。

スターバックス|ラインペイ(LINEpay)の使い方

スターバックスではラインペイ(LINEpay)での支払いに対応しています。

ラインペイ(LINEpay)の使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員にバーコードを提示して支払うことができます。

スターバックス|楽天ペイの使い方

スターバックスでは楽天ペイでの支払いに対応していません。

今後の導入を期待しましょう。

スターバックス|メルペイの使い方

スターバックスではメルペイでの支払いに対応していません。

今後の導入を期待しましょう。

スターバックス|auペイの使い方

スターバックスではauペイでの支払いに対応していません。

今後の導入を期待しましょう。

その他QRコード決済で使える・使えないのは?

スターバックスでは上記でご紹介したQRコード決済以外は対応していません。

QRコード決済やバーコード決済は、キャッシュレス決済の中でもまだまだ普及が見込まれています。

利用者側と店舗側にとっても利便性が上がり、今後さらに拡大していくことでしょう。

スターバックスの支払い方法②電子マネーの使い方|Suica・iD・nanaco・楽天edy(エディ)等

次にスターバックスで使える電子マネーの導入状況についてご紹介します。

スターバックスでは独自の電子マネーのスターバックスカードと、交通系電子マネーSuica、PASMO、Kitaka、manaca、TOICA、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAが使えます。

スターバックス|交通系電子マネー(スイカ・パスモ)の使い方

スターバックスでは交通系電子マネーでの支払いに対応しています。

具体的にSuica、PASMO、Kitaka、manaca、TOICA、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAで支払いができます。

使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員に電子マネーを利用することをお伝えください。

スターバックス|非交通系電子マネー(iD・楽天edy(エディ)・nanaco)の使い方

スターバックスではiDや楽天Edyなど非交通系電子マネーが利用できません。

今後導入されることをを期待しましょう。

その他電子マネーで使える・使えないのは?(WAONその他)

スターバックスではWAONなどの電子マネーでの支払いには対応していません。

スターバックスでは独自の電子マネーであるスターバックスカードが使えます。※各店舗により異なる

ヘビーユーザーの方なら支払いがとても楽になるので作っておくと便利です。

スターバックス|クレジットカードは使える?使えない?

スターバックスではVISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Dinersで支払いができます。

また、クレジット会社が発行しているデビットカードも利用可能です。

スターバックスで使える商品券・ギフトカード

スターバックスでは店舗によって異なりますが、JCB、VISA、UCなど各種クレジットカード会社が発行しているギフトカードが使えるところもあります。

またスターバックスで利用できる繰り返し入金が可能なプリペイドカード「スターバックスカード」もあり、自分用としてはもちろん、プレゼントとしても使えます。

その他にもドリンクチケットが付いた紙のメッセージカード「ビバレッジカード」。

LINEや電子メール、SNSを通じてオンライン形式のギフトカードを贈ることができる「eGift」は、スターバックスのお店で引き換え可能なドリンクチケットやフードチケットが付いています。

スターバックスで使えるクーポンと使い方

スターバックスではLINEギフト、dエンジョイパス、コミューターマグといったところからスターバックスのクーポンが受け取れます。

また以前スターバックスカードに5,000円チャージすると、お好きなドリンク1杯分のドリンクチケットがプレゼントされるクーポン配布キャンペーンが行われていることがありました。

キャンペーン時にクーポンを受け取るためにもスターバックスカードを作っておくと良いでしょう。

なお取得場所によっては有料でクーポンを発行するところもあるのでクーポン取得方法については各サイトやアプリの注意書きに目を通してくださいね。

スターバックス|実は超お得!ポイントに完全特化した三井住友プラチナカード

スターバックスでは「三井住友カード プラチナプリファード」でお買い物をするとお得にポイントを貯めることができます。

「三井住友カード プラチナプリファード」は、シンプルなサービスと高還元率が特徴的なポイント特化型のクレジットカードです。

三井住友プラチナカードは、「プリファードストア」という特約店で買い物をすると通常のポイントに加えて1~9%のポイントが付与され(付与条件あり)、基本の還元を合わせると最大10%の還元を受けることができます。

スターバックスは特約店となっていますので、三井住友プラチナカードをスターバックスで利用すると通常還元率1%に加えて+1%の還元を受けられます。

基本のポイント還元は、ショッピング100円(税込)につき1ポイントのVポイント(1ポイント=1円相当)が貯まります。

年会費は3万3,000円(税込)で、家族カードは無料となるため複数人で使うとお得です。

スターバックスや下記の特約店一覧でのご利用が多い方はお得にポイントを貯めることができますので、普段お使いのお店やサービスがプリファードストア(特約店)に入っているか確認しておきましょう。

【還元率と特約店一覧】
・宿泊予約サイト⇒+6%~+9%(一休.com、Expedia、Hotels.com)
・交通⇒+1%~+4%(ANA、ETC、タクシーアプリ「GO」、JapanTaxi)
・百貨店⇒+2%(大丸松坂屋、阪急百貨店、阪神百貨店)
・ライフスタイル⇒+2%(蔦屋書店、二子玉川 蔦屋家電)
・コンビニエンスストア⇒+1%~+2%(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、アズナス、セイコーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ)
・カフェ・ファストフード⇒+1%~+2%(エクセシオールカフェ、すき家、スターバックス、ドトールコーヒー、ファーストキッチン、プロント、マクドナルド、モスバーガー、モリバコーヒー)
・スーパーマーケット⇒+1%(エブリイ、アピタ、アルビス、イズミ、イズミヤ、A-プライス、オークワ、西友など)
・ドラッグストア⇒+1%(大賀薬局、クスリのアオキ、クリエイト、ココカラファイン、トモズ、マツモトキヨシ、mac、ヤックスドラッグ)

【三井住友カードプラチナプリファードの特徴】

ブランド 年会費 ポイント還元率 国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険 国内空港ラウンジ 海外空港ラウンジ コンシェルジュ 申し込み対象年齢
VISA 33,000円(税込) 1.00%〜 最高5,000万円 最高5,000万円 最高500万円 満20歳以上

☆三井住友カード プラチナプリファードのリワードまとめ☆

①新規入会&利用特典で+40,000ポイント獲得可能

②特約店の利用でポイント還元率+1〜9%相当

③継続特典で最大+40,000ポイント獲得可能

プラチナプリファードは年間で200万円以上利用する方なら年会費の元を取れる上、+1万ポイントを貯められます。

三井住友プラチナカードのハイステータスなサービスで、日常のお買い物をスマートかつお得に楽しみましょう。

スターバックス独自のオリジナルカードやポイント特典について

スターバックスでは「スターバックスリワード」というポイントプログラムがあります。

「スターバックスリワード」では、登録済みのスターバックスカードや公式アプリを利用するとStar(ポイント)が貯ります。

ポイントのスターは、スタバの商品を購入した際に54円(税込)あたり1スター貯まります。

スターバックスで「スターバックスリワード」を使用して買い物をし、1年以内に250Star(250ポイント)を集めるとGold Star会員になれます。

Gold Star会員になると、150Gold Starポイントを集めるたびに、ドリンクやフード、コーヒー豆などの1商品に使えるReward eTiketと交換できます。

日常的にスタバを利用されている方は、スターを集めて是非自分だけのご褒美体験を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!