PayPayの最新キャンペーン情報はこちら♪

すき家の支払い方法|ペイペイ・楽天ペイ・d払いの使い方(メルペイ・クレジットカード等)|電子マネーやクーポン・商品券・ギフトカードは使えるの?

電子マネー 楽天Edy、iD、QUICPay
交通系電子マネー Suica、PASMO、Kitaka、manaca、TOICA、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA
相性の良い電子マネー 特にありません
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners
ブランドプリペイド バンドルカード
NFC決済(タッチ決済) Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス、JCBコンタクトレス
QRコード決済 PayPay、LINEpay、メルペイ、楽天ペイ、auペイ、Alipay、WeChatPay
デビットカード 使える(クレジット会社が発行しているデビットカード)
商品券・ギフトカード 楽券
ポイントカード 特にありません

すき家は日本でもっとも店舗数が多い牛丼チェーン店で全国に約2,000店舗あります。

すき家ではオーストラリア産の牛肉を使って調理しており、肉質に合わせた味付けをするなど低価格ながらしっかりと味にもこだわりを持っています。

また牛丼だけでなくカレーや定食といったメニューも豊富で、朝の時間帯には牛丼モーニングセットや鮭朝食など様々な朝食が提供されています。

定期的に新しいメニューも登場し、季節メニューは様々な年齢層に人気!

夏はうなぎ、冬はすき焼きなど思わず食べたくなるメニューが提供され飽きの来ない工夫にも余念がありません。

ここではすき家で使えるペイペイ・楽天ペイ・d払いなど支払い方法について調べてみました。

すき家の支払い方法①QRコード決済の使い方|ペイペイ・d払い(dポイント支払い)・楽天ペイ・ラインペイ・auペイ・メルペイ

まずはじめにすき家で利用できるQRコード決済の導入状況をご紹介します。

すき家ではさPayPay、LINEpay、メルペイ、楽天ペイ、auペイ、Alipay、WeChatPayで支払いができます。

すき家|ペイペイ(paypay)の使い方

すき家ではペイペイ(paypay)での支払いに対応しています。

ペイペイ(paypay)の使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員にバーコードを提示して支払うことができます。

すき家|d払い(dポイント支払い)の使い方

すき家ではd払い(dポイント払い)で支払いはできません。

今後導入されるのを待ちましょう。

すき家|ラインペイ(LINEpay)の使い方

すき家ではラインペイ(LINEpay)での支払いに対応しています。

ラインペイ(LINEpay)の使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員にバーコードを提示して支払うことができます。

すき家|楽天ペイの使い方

すき家では楽天ペイでの支払いに対応しています。

楽天ペイの使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員にバーコードを提示して支払うことができます。

すき家|メルペイの使い方

すき家ではメルペイでの支払いに対応しています。

メルペイの使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員にバーコードを提示して支払うことができます。

すき家|auペイの使い方

すき家ではauペイでの支払いに対応しています。

auペイの使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員にバーコードを提示して支払うことができます。

その他QRコード決済で使える・使えないのは?

すき家では上記でご紹介したQRコード決済以外にもAlipayとWeChatPayで支払いができます。

QRコード決済やバーコード決済は、キャッシュレス決済の中でもまだまだ普及が見込まれています。

利用者側と店舗側にとっても利便性が上がり、今後さらに拡大していくことでしょう。

すき家の支払い方法②電子マネーの使い方|Suica・iD・nanaco・楽天edy(エディ)等

次にすき家で使える電子マネーの導入状況をご紹介します。

すき家ではiD、楽天Edy、QUICPayと様々な交通系電子マネーでの支払いに対応していることが分かりました。

すき家|交通系電子マネー(スイカ・パスモ)の使い方

すき家では交通系電子マネーで支払いができます。

具体的にはSuica、PASMO、Kitaka、manaca、TOICA、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAでの支払いに対応しています。

使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員に電子マネーを利用することをお伝えください。

すき家|非交通系電子マネー(iD・楽天edy(エディ)・nanaco)の使い方

すき家ではiD、楽天Edyでの支払いに対応しています。

使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員に電子マネーを利用することをお伝えください。

その他電子マネーで使える・使えないのは?(WAONその他)

すき家ではQUICPayでの支払いに対応しています。

すき家では使える電子マネーの種類が豊富ですので支払いがとても便利です。

すき家|クレジットカードは使える?使えない?

すき家ではVISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Dinersの国際ブランドのクレジットカードで支払いができます。

さらにタッチ決済やコンタクトレスといったNFC決済も利用できますし、クレジット会社が発行しているデビットカードでも支払いができます。

すき家で使える商品券・ギフトカード

次にすき家で使える商品券やギフトカードをご紹介します。

すき家で使えるギフトカードは楽券(らっけん)から購入できます。

楽券とは楽天市場から発行できるギフト券で、スマホで提示すると利用できます。

それ以外のギフトカードや商品券は利用できないので注意してくださいね。

すき家で使えるクーポンと使い方

次にすき家で使えるクーポンについて調べました。

すき家で使えるクーポンはすき家のモバイル会員になるとメールマガジンでクーポンが送られてきます。

ただし、各クーポンは利用期限があるので使う際は利用期限には注意してくださいね。

すき家|実は超お得!ポイントに完全特化した三井住友プラチナカード

すき家では「三井住友カード プラチナプリファード」でお支払いするとお得にポイントを貯めることができます。

「三井住友カード プラチナプリファード」は、シンプルなサービスと高還元率が特徴的なポイント特化型のクレジットカードです。

三井住友プラチナカードは、「プリファードストア」という特約店で買い物をすると通常のポイントに加えて1~9%のポイントが付与され(付与条件あり)、基本の還元を合わせると最大10%の還元を受けることができます。

すき家は特約店となっていますので、三井住友プラチナカードをすき家で利用すると通常還元率1%に加えて+1%の還元を受けられます。

基本のポイント還元は、ショッピング100円(税込)につき1ポイントのVポイント(1ポイント=1円相当)が貯まります。

年会費は3万3,000円(税込)で、家族カードは無料となるため複数人で使うとお得です。

すき家や下記の特約店一覧でのご利用が多い方はお得にポイントを貯めることができますので、普段お使いのお店やサービスがプリファードストア(特約店)に入っているかチェックしてみてくださいね。

【還元率と特約店一覧】
・宿泊予約サイト⇒+6%~+9%(一休.com、Expedia、Hotels.com)
・交通⇒+1%~+4%(ANA、ETC、タクシーアプリ「GO」、JapanTaxi)
・百貨店⇒+2%(大丸松坂屋、阪急百貨店、阪神百貨店)
・ライフスタイル⇒+2%(蔦屋書店、二子玉川 蔦屋家電)
・コンビニエンスストア⇒+1%~+2%(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、アズナス、セイコーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ)
・カフェ・ファストフード⇒+1%~+2%(エクセシオールカフェ、すき家、スターバックス、ドトールコーヒー、ファーストキッチン、プロント、マクドナルド、モスバーガー、モリバコーヒー)
・スーパーマーケット⇒+1%(エブリイ、アピタ、アルビス、イズミ、イズミヤ、A-プライス、オークワ、西友など)
・ドラッグストア⇒+1%(大賀薬局、クスリのアオキ、クリエイト、ココカラファイン、トモズ、マツモトキヨシ、mac、ヤックスドラッグ)

【三井住友カードプラチナプリファードの特徴】

ブランド 年会費 ポイント還元率 国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険 国内空港ラウンジ 海外空港ラウンジ コンシェルジュ 申し込み対象年齢
VISA 33,000円(税込) 1.00%〜 最高5,000万円 最高5,000万円 最高500万円 満20歳以上

☆三井住友カード プラチナプリファードのリワードまとめ☆

①新規入会&利用特典で+40,000ポイント獲得可能

②特約店の利用でポイント還元率+1〜9%相当

③継続特典で最大+40,000ポイント獲得可能

プラチナプリファードは年間で200万円以上利用する方なら年会費の元を取れる上、+1万ポイントを貯められます。

三井住友プラチナカードのハイステータスなサービスで、日常のお買い物をスマートかつお得に楽しみましょう。

すき家独自のオリジナルカードやポイント特典について

すき家ではオリジナルのポイントプログラムありませんが、楽天ポイント、Pontaポイント、dポイント、CooCaポイントを貯める&使えます。

そのため日頃から使っている決済手段を上手に活用してポイントを貯めるようにしましょう。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!