PayPayの最新キャンペーン情報はこちら♪

ワイズマートの支払い方法|ペイペイ・クレジットカード・楽天ペイの使い方(d払い・メルペイ等)|電子マネーやクーポン・商品券・ギフトカードは使えるの?

電子マネー 楽天Edy
交通系電子マネー Suica(一部店舗のみ)
相性の良い電子マネー 楽天Edy
クレジットカード VISA、Mastercard、JCB
ブランドプリペイド 利用できません
NFC決済(タッチ決済) 利用できません
QRコード決済 Paypay
デビットカード 利用できません
商品券・ギフトカード ビール券など
ポイントカード ワイズカード

ワイズマートは千葉県に本店があるスーパーマーケットです。

地域に根付いた「気軽に買い物できるスーパー」を心がけているため、展開エリアを広げず千葉県や東京の江戸川区や足立区といったエリアに限定して出店する「ドミナント出店」をしています。

店頭に並ぶ食材は鮮度抜群で、野菜や果物、お刺身やお寿司など新鮮な食材が充実。お手頃価格のこだわりを大切にしたプライベートブランド商品も取り揃えられています。

駅前に夜遅くまで開いている便利なスーパーがコンセプトのため、店舗によっては24時間営業しているところもあります。

ワイズマートは毎日気軽に安心して立ち寄れるスーパーとして地域の人々に親しまれています。

ここではワイズマートで使えるペイペイ(paypay) ・クレジットカード・楽天ペイなどの支払い方法について調べてみました。

”今がチャンス!”

様々なキャンペーンが打ち出されるスマホを利用したQRコード決済アプリ。私が実際に1年間利用した結果、10万円以上のキャッシュバックになったスマホQRコード決済は何だったのか?を暴露します。 あなたが「やっぱりキャンペーンが多いPa[…]

【2020年10月最新】最強のスマホQRコード決済アプリは楽天Payに決定!使える店はコンビニや飲食店等の500万店舗以上で使い方も簡単!【キャンペーン一覧】

ワイズマートの支払い方法①QRコード決済の使い方|ペイペイ・d払い(dポイント支払い)・楽天ペイ・ラインペイ・auペイ・メルペイ

まずはじめにワイズマートで使えるQRコード決済について調べてみました。

ワイドカードではペイペイ(Paypay)で支払いできます。

ワイズマート|ペイペイ(paypay)の使い方

ワイズマートではペイペイ(Paypay)で支払いできます。

ペイペイ(paypay)の使い方はレジ横にある専用端末にかざすか、店員にバーコードを提示して支払うことができます。

ワイズマート|d払い(dポイント支払い)の使い方

ワイズマートではd払い(dポイント払い)は対応していません。

今後d払い(dポイント支払い)が導入されるのを期待しましょう。

ワイズマート|ラインペイ(LINEpay)の使い方

ワイズマートではラインペイ(LINEPay)は対応していません。

今後導入されるのを期待しましょう。

ワイズマート|楽天ペイの使い方

ワイズマートでは楽天ペイは対応していません。

今後導入されるのを期待しましょう。

ワイズマート|メルペイの使い方

ワイズマートではメルペイは対応していません。

今後導入されるのを期待しましょう。

ワイズマート|auペイの使い方

ワイズマートではauペイは対応していません。

今後導入されるのを期待しましょう。

その他QRコード決済で使える・使えないのは?

ワイズマートではその他のQRコード決済は利用できません。

今後使えるQRコード決済が増えてさらに便利になることを期待したいですね。

ワイズマートの支払い方法②電子マネーの使い方|Suica・iD・nanaco・楽天edy(エディ)等

次にワイズマートで利用できる電子マネーについて調べてみました。

ワイズマートでは楽天Edyが使えます。

また、交通系電子マネーではSuica(一部店舗のみ)が使えます。

ワイズマート|交通系電子マネー(スイカ・パスモ)の使い方

ワイズマートでは交通系電子マネーで支払いがほとんどできませんが、一部の店舗でのみSuicaが利用できます。

Suicaが対応している店舗については公式サイトで紹介しているので、事前にチェックしておきましょう。

ワイズマート|非交通系電子マネー(iD・楽天edy(エディ)・nanaco)の使い方

ワイズマートでは楽天Edyでの支払いに対応しています。

楽天Edyで支払う場合は店員さんに楽天Edyで支払う旨を伝えると対応してくれます。

また楽天Edyと一体型になっているポイントカード「ワイズカード」も作れます。

その他電子マネーで使える・使えないのは?(WAONその他)

ワイズマートでは楽天Edy以外の電子マネーは対応していません。

今後使える電子マネーの種類が増えてさらに便利になることを期待したいですね。

ワイズマート|クレジットカードは使える?使えない?

ワイズマートではクレジットカードでも支払いができます。

ただし、支払いができるクレジットカードはVISA、Mastercard、JCBのみでAmericanExpressやDinersは利用できません。

またデビットカードは対応していないのでクレジットカードで支払う場合は持っていくカードに注意してください。

ワイズマートで使える商品券・ギフトカード

ワイズマートではビール券など特定の商品と交換できる商品券が利用できます。

その他商品券の利用状況については、各店舗で事前に問い合わせると確実です。

ワイズマートで使えるクーポンと使い方

ワイズマートのクーポンはワイズマートのアプリから無料でダウンロードができます。

クーポンを使う場合は会計の時にクーポンを提示して「クーポンを使用する」を押すと利用できます。

ワイズマートのアプリはワイズマートの公式サイトからダウンロードできます。

お得に買い物ができるようになるので普段からワイズマートで買い物をするならぜひともアプリをダウンロードしましょう。

ワイズマート|実は超お得!ポイントに完全特化した三井住友プラチナカード

三井住友カード プラチナプリファード」は、シンプルなサービスと高還元率が特徴的なポイント特化型のクレジットカードです。

年会費は3万3,000円(税込)で、家族カードは無料となるため複数人で使うとお得です。

基本のポイント還元は、ショッピング100円(税込)につき1ポイントのVポイント(1ポイント=1円相当)が貯まります。

【三井住友カードプラチナプリファードの特徴】

ブランド 年会費 ポイント還元率 国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険 国内空港ラウンジ 海外空港ラウンジ コンシェルジュ 申し込み対象年齢
VISA 33,000円(税込) 1.00%〜 最高5,000万円 最高5,000万円 最高500万円 満20歳以上

さらに「プリファードストア」という特約店で買い物をすると通常のポイントに加えて1~9%のポイントがもらえる(付与条件あり)ので、基本の還元を合わせると最大10%の還元を受けることができます。

特約店となるワイズマートでは、通常還元率1%に加えて+1%の還元を受けられます。

特約店でのご利用が多い方はお得にポイントを貯めることができますので、普段お使いのお店やサービスがプリファードストア(特約店)に入っているか確認しておきましょう。

【特約店一覧】
・宿泊予約サイト⇒+6%~+9%(一休.com、Expedia、Hotels.com)
・交通⇒+1%~+4%(ANA、ETC、タクシーアプリ「GO」、JapanTaxi)
・百貨店⇒+2%(大丸松坂屋、阪急百貨店、阪神百貨店)
・ライフスタイル⇒+2%(蔦屋書店、二子玉川 蔦屋家電)
・コンビニエンスストア⇒+1%~+2%(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、アズナス、セイコーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ)
・カフェ・ファストフード⇒+1%~+2%(エクセシオールカフェ、すき家、スターバックス、ドトールコーヒー、ファーストキッチン、プロント、マクドナルド、モスバーガー、モリバコーヒー)
・スーパーマーケット⇒+1%(エブリイ、アピタ、アルビス、イズミ、イズミヤ、A-プライス、オークワ、西友など)
・ドラッグストア⇒+1%(大賀薬局、クスリのアオキ、クリエイト、ココカラファイン、トモズ、マツモトキヨシ、mac、ヤックスドラッグ)

 

☆三井住友カード プラチナプリファードのリワードまとめ☆

①新規入会&利用特典で+40,000ポイント獲得可能

②特約店の利用でポイント還元率+1〜9%相当

③継続特典で最大+40,000ポイント獲得可能

プラチナプリファードは年間で200万円以上利用する方なら年会費の元を取れる上、+1万ポイントを貯められます。

三井住友プラチナカードはハイステータスなカードですので、ステータスを求めつつワイズマートでの買い物をお得にしたい方におすすめです。

ワイズマート独自のオリジナルカードやポイント特典について

ワイズマートでは「ワイズカード」というポイントカードを発行しています。

ワイズカードを会計時に提示すると200円ごとに1ポイントずつ貯まっていきます。

貯まったポイントは1ポイント=1円で支払いに使えます。

また毎月指定した日になると現金に換金もできます。(1ポイント=1円)

ワイズカードは発行手数料として200円かかりますが年会費などは発生しないため、作っておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!